交通事故と弁護士

警察みなさんは交通事故に遭ったとき、まずどこに連絡すべきと考えているでしょうか。もちろん、やはり人命第一に違いないので、状況に応じて救急車を呼ぶ、もしくは病院に行くといった流れが基本でしょう。またこのとき、合わせて警察にも連絡するようにしてください。ただ、これらだけでは物足りなさを覚えるのも実際のところです。確かに、事態の解決には適した連絡先、アクセス先ですが、こと保証に関してはこれらだけで対応することができません。

交通事故の保証といえば、保険会社でしょう。交通事故を起こした相手、すなわち加害者側に加入保険を訪ねて連絡するのが基本です。これにより、保険プランに応じた慰謝料等の損害賠償が支払われるといった形です。ですが、十分な慰謝料が得られるかどうかは、分かりません。むしろ保険会社の性質を考えれば、満足いく金額に至らない可能性も考えておくべきです。

ではいったいどこが理想的なのか、それは弁護士に他なりません。弁護士といえば裁判で当事者をサポートする立場として知られていますが、交通事故の際も心強い存在となってくれます。それどころか、保険会社だけを通して得られる慰謝料以上の額を手に入れられるかもしれません。

もちろん、そこには理由があります。なぜ交通事故に遭ったとき連絡する相手は弁護士が良いのか、そして慰謝料の増額まで見込めるかについて、知っていきましょう。当記事内で詳しくまとめているので、ご参考ください。

〔参考サイト〕交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket