慰謝料増額のポイント

慰謝料にも、いくつか種類があります。主には、入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の3種類です。そのため慰謝料増額を考えるときは、弁護士と協力してこの3点に焦点を当てて取り組むべきです。

後遺症そしてこの中でも特に金額幅が大きいのは、後遺障害慰謝料となっています。それこそ、慰謝料全体でみても大部分を占めているほどです。そのため、弁護士の相談を聞き入れながら、より後遺障害レベルが高く認定されるよう工夫していく形となります。

後遺障害慰謝料とは、症状固定後においても労働能力の喪失あるいは低下を伴っており、さらに自賠責基準の等級に該当するものと定められています。等級は第1級から第14級まで設定されており、症状が重ければ重いほど数値が小さくなり、そして支払われる慰謝料も上がっていきます。たとえばむちうちなら、第12級~第14級あたりとなり慰謝料は32~100万円、高次脳機能障害の場合は重篤なケースもあるため、等級は第1級~第9級で、245万円~1,600万円が期待できます。またさらに、弁護士を通した裁判基準が適用できれば、最高額はむちうち290万円、高次脳機能障害2,800万円にできる場合もあります。

このようにみると、やはり慰謝料獲得のキーマンは弁護士であることが理解できます。細かな仕組みを知る上で、そして最高額を目指す上でも、ぜひ早い段階からコンタクトをとっておくべきです。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket